食事誘発性熱産生

2018年01月19日

みなさんこんにちは!

本日は前回の基礎代謝についての第2弾! 食事誘発性熱産生についてお話させていただきます( ^ω^ )

 

食事誘発性熱産生とは☆咀嚼 ☆消化 ☆吸収 など食べ物を口にしてから吸収されるまでの過程で代謝量が増える事を言います。

生きてくなかで欠かさない食事。食べれば食べるほどやせれたら嬉しいですよね!

 

食事誘発性熱産生で消費カロリーを増やすにはどうすればいいのか。

それは☆咀嚼☆消化☆吸収の時間を増やしてあげることが重要です( ˘ω˘ )

そうすることで、その食材の摂取カロリーよりも、食材を噛んで消化・吸収する食事誘発性熱産生での消費カロリーが上回ります。つまり痩せるということです。

痩せる食材のポイントは

 *食物繊維が豊富

 *噛み応えがある

この2つの効果で、消化吸収に時間がかかり、咀嚼する回数を増やす特徴があります。

 

主にブロッコリー、セロリ、キャベツ、トマトなどが当てはまります。

気になる方はマイナスカロリー食材で検索してみてくださいね( ^ω^ )

 

また朝は一番体温が低く、基礎代謝も低下しているので、温かく、たんぱく質を意識した食事にしてください。身体を温め代謝アップさせるのにはたんぱく質がナンバー1です。

 

ぜひ試してみてください( *´艸`)