むくみについて

2018年01月29日

みなさまこんにちは!

東京でも雪が降ってもう1週間がたちましたね~

木曜日にはまたしても「雪予報」がでているようなので要注意ですね(*_*;

 

本日は冷え性と同じくお悩みの方も多い「むくみ」についてお話していきます☆

 

人間の身体は約6割が水分んでできており、そしてその水分は細胞の内側と外側に分かれます。

むくみは血管内の水分血管外に漏れて組織液が増えてバランスが崩れてしまった状態を言います。

長時間座りっぱなしなどの同じ姿勢で保ち続けると、体内の水分が重力に従って脚の方に集まることでむくみの原因になります。

特に脚の筋肉が落ちてくる中高年の方に多くみられ、この症状の方の場合は適度な運動で脚の筋肉を鍛えることが改善策です。

この他塩分の摂りすぎ暴飲暴食睡眠不足過労などの乱れた生活習慣もむくみの原因となります。

 

いくつか原因を上げていきますね(^^

血液の循環不良やリンパの停滞

→同じ姿勢で血液の循環が悪くなったり、不規則な生活で自律神経が乱れてむくみやすくなる。

運動不足

→筋肉量が減ると水分を押し戻す力が不足してしまって血行不良や代謝不良になりむくみやすくなる。

偏食・アルコール

→濃い味付けを好んで食べると体内の水分バランスと塩分のバランスが崩れてむくみに。

また、アルコールを摂取すると血中アルコール濃度を下げようと身体が水分をため込むためむくんでしまう。

体温調節機能の低下

→空調の効いた環境に慣れてしまうと代謝機能が低下し水の代謝も同様に低下してしまいむくみの原因となる。

 

お客様のお話をお伺いしていると、デスクワークで空調のきいた部屋で同じ姿勢を保ちながらお仕事をされているので基本的にむくみやすい状態の方が多いです。

ただ、自覚がないのが「偏食」です。よーくお話聞いていくとけっこう味付けの濃い食べ物を日常的に食べている方が多いんですね!皆様、健康面としても生活習慣病になりかねないのでお気を付けください( `ー´)ノ

 

改善策としては、

〇筋肉をつける

〇ストレッチ・リンパマッサージをする

〇改善に良い食材・栄養を摂る

が挙げられます。

 

有名なのが「カリウム」ですね!塩分の排出を促し、水分量を適正に保ってくれます。

昆布やひじきなどの海藻類、切り干し大根、意外にもコーヒーに含まれているようですよ(^^)

また、血流を良くしてあげることが大事なので「ポリフェノール」「ビタミンB1、B6」も気にして取ってみてくださいね!

 

日頃の行いで脚のむくみを改善していきましょう( ^ω^ )

 

トップページ