なぜ脚を組んでしまうのか

2018年03月17日

みなさんこんにちは!

本日は”脚を組む”事が身体にどのような影響を与えてしまうのかお話していきたいと思います。

 

まず、なぜ脚を組んでしまうのか。

理由は  ・お尻の筋肉が疲れているから

     ・股関節が外にねじれているから

     ・片方の骨盤だけ開いているから

     ・腰がねじれているから

が原因とされています。なので根本的に改善してあげることが脚を組まなくても平気な身体につながります。

 

では脚を組むことで身体にどんな悪影響がでてしまうのか。

1、身体のゆがみ

2、肩こりや腰痛などの原因にも

3、不妊や太る原因にも

 

こわいですよね。。。

 

根本的改善にはコアレが一番ですよ\(^o^)/

血流もよくなりますし、骨盤を正常な位置に戻しやすくすることも可能です!

 ぜひ当院におこしください!!